会長のメッセージ

ご挨拶

USHA Japan 会長 小野一男
 2018年10月7日に草の根活動によりネパールを支援する国際ボランティア非政府組織Non-Government Organization(NGO)が、ネパールとのご縁を得た仲間達により創設されました。そして初代会長Prakash Acharyaの主たる活動領域が首都カトマンズに移ったのに伴い、この度会長を拝命することになりました.
本会の名称であるUSHAの語源はネパール語にあり、未来へ導く煌めき輝く朝日という意味を持ちます。

 USHA JapanのNGO活動は、

1.日本におけるネパールの若者の学びと生活を支援すること。
2.ネパールの人々の健康で豊かな国づくりを支援することにあります。

 ご承知の通り日本は世界一の長寿高齢化社会であり、その保健福祉問題は世界的な高齢化の進展に伴い、我が国のみならず世界的な課題でもあります。そこで、日本における保健福祉問題を学び、将来のネパールにおける保健福祉にかかわる人材育成を図ります。
 そして、両国の若者が共に生きる共生の理念の下に、ネパールと日本の友好と親善に貢献するのみならず、国連の持続可能な開発目標(Sustainable DevelopmentGoals;SDGs)を目指した地球共同体づくりを目的として、国際貢献に寄与することを希望します。
 会務と活動については、現在の情報社会に即したネットを利用した迅速な会務の実施とプロジェクトチームによる活動実践を行いますが、詳細はHPに別掲の組織と業務分掌で確認下さい。

Message from a Chairman of USHA Japan (Kobe, Japan) Namaste / Konnichiwa !

1. USHA Japan is a young social organization founded in Kobe (Japan) this year by a group of Japanese and Nepalese living in Japan. The name "USHA Japan" is coined from the term USHA which means "rising sun" (Jhulke gham and Usha kiran) in both Japanese and Nepali language. Therefore, this organization established in the "land of rising sun" wish to contribute in Nepal's prosperity directly and/or indirectly and for this reason, the leader of this organization will be a Nepali working in Japan and Dr Kazuo Ono is the current Chairman USHA Japan.

2. USHA Japan has three major objectives: (1) To support (guide/counsel) Nepalese students coming to Japan for study, (2) To support/facilitate training of Nepalese health workers on senior citizen care in Japan and (3) To do social works in Nepal in collaboration with Dashimura Foundation and others. First objective is set keeping in view of the difficulties faced by Nepalese students coming to Japan due to the lack of proper guidance/counseling.

Long live Japan-Nepal friendly relationship!