設立趣旨書


    国際ボランティア非政府非営利団体(NGO)


      USHA Japan設立趣旨書 


1. NGOの活動目標
活動目標1: ネパール人留学生の生活および就学・就労支援
近年、国際交流の進展に伴い日本への外国からの留学は増加傾向にある。そのうち、ネパールからの留学生は中国、ベトナムに次いで多く、全体の8%を占める。日本在住のネパール人は6.5万人、兵庫県は1,200人で神戸市には600人が在住している。
ネパール人留学生は母国から仲介・受入れ施設を介して来日し、その多くは日本語学校での就学の後、高等教育へ進学そして就労する。しかし、その進路の支援は組織的・個別的な指導がされておらず、希望する進路へ進むことは難しいのが現状である。また、生活支援についても個人や受入れ施設に依存しているのが実情であり、その実態は、不明確で孤立や生活困窮など多くの課題を抱える留学生が多いことが問題となっている。
<具体的な活動内容>
1) ネパール人留学生に対する就学・就労支援
留学生に対し日本の社会・教育制度や就労・就学についてガイダンスやセミナーを行い、その理解を深め希望する進路へ進めるよう支援する。
2) ネパール人留学生に対する生活支援
留学生とネパールコニュニティーとの交流を促し、生活支援や気軽に相談ができるよう体制を整える。

活動目標2: 特定技能で来日するネパール人労働者に対する支援
日本の少子高齢に伴う労働者の減少を反映して、新たな外国人材の受入れに関する在留資格「特定技能」が創設された。「特定技能」は新制度で、希望する労働者への制度の理解と来日後の支援が不可欠である。NGOでは特に介護人材の受入れについて力を入れ、社会福祉法人「洗心会」と協働して支援を行う。
<具体的な活動内容>
1) ネパールでの「特定技能」に関するセミナー
就労希望者に対し「特定技能」に関する説明、日本の社会福祉の現状および就労・生活を紹介し、制度の理解および日本社会の見聞を広げるセミナーを実施する。
2) 日本での生活支援
特定技能で来日したネパール人労働者に対して、日本での生活が円滑に進むよう支援し、また日本語教育に関する支援も行う。また、相談窓口の体制を整える。

活動目標3: 地域貢献
神戸常盤大学および三木東ライオンズクラブと連携し、地域社会への交流活動を行う。
<具体的な活動内容>
1) 神戸常盤大学のイベントへの参画
大学主催健康フェスタへのネパール料理出店や民族衣装サリー着付け体験に協力し、地域交流を行う。
2) 短期ネパール人研修生への支援
研修が円滑に進められるよう通訳などの支援を行う。また、滞在中に研修生が日本文化に触れることができるよう暮らしや文化を紹介する。

活動目標4: ネパールの人々への健康で豊かな国づくりへの支援
ネパールのめぐまれない人々のために、教育および健康の支援を行い、人々の暮らしの向上と健康で豊かな国づくりに貢献する。
<具体的な活動内容>
1) ネパールへの教育支援
社会的差別や貧しい学生に対する奨学や顕彰の助成行う。
2) ネパールへの健康および福祉に関する支援
高齢者保健福祉施設、保健福祉従事者教育施設に関する支援および健康に関するサービスを提供する。

2.活動実績
〇日本側メンバーのこれまでの活動
会設立を担う中心的な日本側メンバーは、これまで神戸常盤大学において、20年の間にJICA活動、国際交流活動および国際保健活動をネパールのNGO団体ハチガンダ福祉協会(NGO「HWS」: Hattigaunda Welfare Society)と行ってきた。
〇これまでの神戸常盤大学における主な活動実績
1) 1999年から本学とNGO「HWS」との交換研修生派遣協定に基づき、隔年に交互に医療と教育分野への研修を実施してきた。
2) 2002年から本学とネパール医科大学との学術・教育交流協定に基づき、毎年に住民の健康調査を実施してきた。
3) 2005年にNGO「HWS」に協力して、兵庫県下の2つのライオンズクラブとともに国際ライオンズクラブからの助成を得て、カトマンズ市に感染症・眼疾患診療所/医学研究・教育研修センター(NITMPHR:National Institute of Tropical Medicine & Public Health Research)を設立し、研究と研修そして教育の拠点となっている。
4) ワークショップ、技術研修会、講義の実施
2005年からコメディカルスタッフやヘルスポストスタッフを対象に前述のNITMPHRにおいて、毎年に医学検査技術研修を行っている。
5) JICA課題別研修および青年研修の実施
2002年~2011年に食品微生物検査技術コース研修を、2008~2010年に仏語圏地域保健能力向上コース研修を、また2009と2010年は青年研修地域保健医療実施管理コース研修を受託し、コースリーダまた講師として研修に参画した。
6) JICA草の根技術協力事業(草の根協力支援型)の実施
2012年~2015年に「カスキ郡デタール村の生活改善―安全な水の供給」を課題名として、ネパール中央部ポカラ市外のカスキ郡の最貧階層民が多く居住するデタール村において、安全な水の確保による住民の生活改善プライマリ・ヘルス・ケア活動を行った。
〇 これまでNGO「HWS」と日本側メンバー個人が協働した主な活動実績
1) NGO「HWS」との交換研修生派遣協定に基づき、隔年に交互に医療と教育分野への研修を実施してきた。
2) カトマンズ市の政府公認NGO & NPO (Nepal Government Registration No. 491/2069/70)「ダシムラ健康財団(DASHIMURA:Dashimura Foundation)」と協働して、ネパールの人々への健康で豊かな国づくり活動に参画してきた。
活動内容
1 地域における保健施設設立による質の高い健康サービスの提供
2 地域における教育施設設立による質の高い教育の提供
3 社会的差別や貧しい学生に対する奨学や顕彰の助成(JANEF)
4 社会的差別やめぐまれない高齢者施設の設立や生活支援
5 自立支援のための社会事業(農業や環境分野など)の推進

〇ネパール側メンバーのこれまでの活動
会設立を担う中心的なネパール側メンバーは日本に留学・就労経験を持ち、長年にわたり神戸に在住し日本の教育機関、会社、地域社会において活躍してきている。JICA草の根活動の調整員、大学での研究活動、個人でのボランティア活動などを行ってきた。
1) 農村部のネパール人妊婦と乳児のための栄養改善プログラムの実証的評
2) JICA草の根活動「ネパール国カスキ郡マチャプチャレ行政村ワード6(前ネパール国カスキ郡デタール村)における栄養改善と生活習慣病予防のための活動」
3) 関西医科大学とのネパールでの共同研究
4) Deepshree Creative Mediaの活動
在日ネパール人の情報提供やネパール本国への情報発信。現地ネパールで農村からの女性活躍支援。
5) 個人ボランティア活動
ボランティア活動に対する日本語からネパール語への通訳・翻訳への支援

ネパール人留学生に対する相談支援
ネパールコミュニティー交流会の実施

3. NGO設立の経緯
前述の活動は、日本側メンバーが神戸常盤大学を中心に活動を行っていたが、その多くが大学を退職したことに伴い個人での活動に制限がでてきた。また、ネパール側メンバーは個人的な活動に留まっていたことから、これらを有機的に繋げ問題を共有して活動を推進する必要があると考え、NGOを設立した。NGOでの活動は地域全体に広げ定着させ、さらに他のNGOや団体との連携を深めて、社会的にも認められる組織として活動していかねばならない。また、当団体の活動が政治に関わらず営利目的でなく、多くの人に参画を得る
ことが不可欠であるという観点から、NGOの設立を図った。

4. NGO設立に至るまでの準備
2017年10月7日㈯ 第1回設立準備会
2017年11月11日㈯ 第2回設立準備会  
2017年12月16日㈯ 第3回設立準備会
2018年 1月27日㈯ 第4回設立準備会
2018年2 月18 日㈰ 第5回設立準備会
2018年4 月14 日㈯ 第6回設立準備会
2018年5 月19 日㈯ 第7回設立準備会
2018年6 月16 日㈯ 第8回設立準備会
2018年7 月14 日㈯ 第9回設立準備会
2018年8 月25 日㈯ 第10回設立準備会